A Story

~私のこと~

小さいころからお正月や夏休みに祖父母の家へ行くのが楽しみでした。
そこでおじいちゃん、おばあちゃんから聞く話が好きでした。

新婚旅行で、レディーファーストを決め込んだおじいちゃんが、おばあちゃんを先に電車に乗せたら、ドアが閉まってしまい、いきなり離れ離れになっちゃった!
なんて話も、笑い話のようですが、当時は大変なことだったでしょう。

私から見れば、ずっと昔からおばあちゃんですが、おばあちゃんにもおじいちゃんにも、青春があったことに思いを馳せるのは胸がときめきました。戦争の話も映画やドラマではなく、実際の体験談として聞くことができました。教科書の中で、近代史に出てくる偉人の名前を、近所のおじさんみたいに呼んで、苦労話よりも多少武勇伝に仕立て上げられた祖父の話は、笑わせてくれることも多く、大好きでした。祖父が亡くなったあと、祖母が実は再婚だったと知りました。最初の旦那さんは戦争で亡くなっていたそうです。

年に数回しか会うことができませんでしたが、祖父母から聞いた話は、今の私を形作る重要な一コマとなっています。 そんなこともあり、私はその方がどのように生きてきたのか、そのお話しを聞くのが好きです。


どんな人生にも、ドラマがある。


想いがある。喜び、悲しみ、長い歴史の中で繰り返されてきた営み。息遣い。
その方の人生に想いを寄せて、幸せに生きるためのお手伝いをしたい。
そう思ってこのお仕事をさせていただいております。

あなたのお話し、聞かせてください。